GeForce NOWのメリット・デメリットは5つです。【ベータ当選者がお話します。】

f:id:kapiokayakku:20200310132237j:plain

こんにちは、LLENNです。

 

GeForce NOWについて知りたい人:GeForce NOWのメリット・デメリットって何なのですか?これまでと何が違うのか分かりやすく教えてほしいです。

 

こんな疑問、悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・GeForce NOWのメリット・デメリット

 

・とりあえず、先行登録しておくのがよさそう。

 

この記事を書いている僕は、「GeForce NOW Powered by Softbank」の第2次CBT(クローズドベータテスト)に当選しています。

 

そして、騙したみたいで申し訳ないのですが、ユーザー登録を完全に忘れたまま登録期限が過ぎてしまい、結局遊べないという笑えない状況に置かれています。。。(笑)

 

運営に対処法を問い合わせ中ですが、とりあえずその間は暇なので、この記事を書こうと思います。

 

GeForce NOWのメリット・デメリット

f:id:kapiokayakku:20200303151647p:plain

まずは、GeForce NOWのメリット・デメリットを書いていきます。

 

クラウドゲーミングサービスとしては、かなり画期的なのでご覧あれ。

 

多くの既存タイトルがPC、スマホでプレイできる

「GeForce NOW」では、Steam上のPCゲームが、普通のパソコンやスマホでプレイできるようになります。

 

なぜなら、普通は、高価なゲーミングPCとグラボで行う処理を、「GeForce NOW」を通じてクラウド上で行うからです。

 

・フォートナイト

・Destiny2

・Dead by Daylight

・World War Z

・SEKIRO

 

例えば上記のゲーム。これらはほんの一角で、実際にはかなりの数のタイトルがプレイできます。

 

考えてみれば、すごいですよね。通勤中にササっとフォートナイトをプレイしたりできるわけですから。

 

タイトルが少なくて萎える、といったことはなさそうです。

 

他のクラウドゲーミングサービスは?

他のゲーミングサービスと比べても、「GeForce NOW」は、PCゲーム好きにとってベストフィットです。

 

例えば、少し前に話題になった「Google Stadia」は、Steamのタイトルではなく、Stadia専用のタイトルで遊ぶことになります。

 

当然、ソフトの数はめちゃくちゃ少ないので、少しもの足りないかと。。

 

なので、今SteamのPCゲームをゴリゴリ遊んでいる人は、「GeForce NOW」がドンピシャです。

VRゲームも遊べる。。。かも?

「GeForce NOW」があれば、ゲーミングPCを買わずにVRのソフトが遊べるかもしれません。

 

というのも、「GeForce NOW」はSteam上のかなりのゲームが対応していると発表されています。なので、VR系のゲームもあるのではないかということですね。

 

VRChatのPC版を、Oculus Questでプレイ?

f:id:kapiokayakku:20200229162200p:plain

となれば、上記のことも可能です。

 

現状Oculus Questではクオリティを落としたバージョンのVRChatしかプレイできません。

 

しかし、GeForce NOWで仮想ゲーミングPCを手に入れれば、あとは「ALVR」や「Oculus Link」の機能を使い、PC版のVRChatがプレイできます。

 

すると、PC版にしかないワールドにも行けるようになるので、VRChatの世界が広がりますね(^^)

 

遅延が少なく、快適なプレイができる

「GeForce NOW」では、クラウドを使いながらも遅延がほぼないです。

 

 

百聞は一見にしかず、この動画では「GeForce NOW」プレイの様子が撮られていますが、正直ラグが気になるという感じではなさそうです。

 

とはいえ、画質に関しては、フルHDの1920で遊べるわけではなさそうですが。。。

 

どちらにせよ、よほどコアなゲーマーでなければ、ほぼ不満はないのではと思います。 

月額料金が高め

GeForce NOW正式サービスの月額料金は、1,800円です。

 

1年間:21,600円

10年間:216,000円

 

上記の通り。ちなみにゲーミングPC周りを一式揃えるのに掛かる費用は最低15万円くらい。

 

パッと見では、ゲーミングPCを揃えた方が安上がりですね。

 

しかし、「GeForce NOW」は選択肢として十分ありだと思います。

 

なぜなら、ゲーミングPCは流行廃れがあるので、一度買ったPCが10年間満足に使えるとは限りません。

 

その点クラウドゲーミングサービスであれば、クラウド上PCのアップデートくらいはしてくれるはずなので、常に最新設備を楽しむことができるのですね。

 

なので、月額料金はネックにはならないかと。

 

Softbankユーザー以外でも遊べる

「GeForce NOW」は、ソフトバンクユーザー以外でも余裕で遊べます。というか、プロバイダーは関係ありません。。。(笑)

 

「GeForce NOW Powered by Softbank」にはソフトバンクの文字がありますが、これはNVIDIAとソフトバンクがコラボしているだけで、限定するという意味はありません。

 

なので、ドコモやau、格安simの方も安心してOKです。

 

とりあえず、事前登録しておくといいことあるかも

f:id:kapiokayakku:20200306142738j:plain

というわけで、「GeForce NOW」のメリット・デメリットについてお話してきました。

 

まとめると、以下の通り。

 

メリット・デメリット

・多くのSteam既存タイトルが、PCやスマホで遊べる。

 

・VRゲームも遊べる。。。かも?

 

・遅延が少なく、快適なプレイができる。

 

・月額料金が高め。

 

・Softbankユーザー以外でも遊べる

 

ざっとこんな感じですね。

 

既にゲーミングPC環境を揃えている方には要らないかもしれません。

しかし、まだゲーミングPCを持ったことのない方、ハイクオリティなゲームに興味のある方は、ぜひ1度体験してみてもいいと思います。

 

サービス開始後1ヶ月は、無料です。

「GeForce NOW」の正式サービス開始は、2020年6月。

 

今は、サービス開始と同時に遊び始められるよう、公式サイトで「事前登録」を行っています。

 

さらに、サービス開始特典として初月は利用料が無料になるそうなので、とりあえず事前登録だけしておくと、何かいいことがあるかもしれませんよ?

 

≫GeForce NOWの事前登録はこちら

 

世間的にも、eSportなどゲームには波が来ています。この波に乗らない理由はありませんね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(^^)

 

 

Technology vector created by slidesgo - www.freepik.com