大学生がサークルを辞めたいなら、早めにやめよう【結論:1年生がベスト】

大学生がサークルをやめる

こんにちは、LLENNです。

 

サークルを辞めたい人:サークルが面白くないので辞めたいです。。。このままだとずるずる居座ってしまいそうなのですが、どうすればいいですか?

 

こんな疑問、悩みにお応えします。

 

本記事の内容

・ サークルをやめたいなら、早めに行動すべき。

 

・サークルをやめる方法

 

・大学生は、サークル以外にすべきことがたくさんある

 

この記事を書いている僕は、サークルに3つ入っていましたが、そのうち2つは辞め、1つでは幽霊部員になりました。笑

 

そして、現在はこうしてブログを書きつつ、学校やバイトに行くという生活をしています。

 

なので、その体験からもお話していきますね。

 

大学生がサークルを辞めたいなら、早めにやめるべき

大学生がサークルをやめるなら、早めに

 

結論として、大学生がサークルを辞めたいなら、早めにやめましょう。 

 

なぜなら、早めに動かないと辞めづらくなるからですね。

 

例えば僕の場合だと、1年生のうちにサークルをやめたので、まったくサークルに傷跡を残すことなくやめられました。

 

しかし、もし仮に2年生や3年生になってしまうと、かなり辞めづらくなると思います。

 

なので、早めに行動しましましょう。できれば1年生のうちがベストですね。

 

質問:迷惑はかかりませんか?

場合によりますね。。。

 

例えば、すでに役職持ちで中心メンバーとして活動しているなら、それなりに迷惑です。

 

ですが、もし役職もないペイペイの1年生なら、ぶっちゃけやめても誰にも迷惑は掛かりません。

 

・人の噂も七十五日

 

このことわざが表すように、「あいつサークルやめたらしいぜ。。?」といった話題も、すぐに消え失せるので全く問題なし。

 

あとは、サークルの雰囲気次第ですね。めちゃくちゃ連帯感の強いサークルなら、結束が壊れてしまうかもしれませんから。。。

 

とはいえ、サークルは「自由団体」なので、やめることに背徳感を感じる必要はまったくありませんよ。

 

不安:友達が減るかも。。。

ぶっちゃけ、そんなに気にしなくていいですよ。

 

なぜなら、大学において、友人は少なくてもいいからです。

 

そもそも、友人がいない=ダサいという式が間違っています。別に他人はあなたのことをそんなに見ていませんし、仮に見てても害はないかと。

 

たしかにサークルを辞めることで、サークルを通じた友人関係は消えるかもしれません。

 

大学生のネットワーク

・同じ学部の人

 

・中高が同じ人

 

・バイト先の同期

 

・SNSのフォロワー

 

ですが、パッと思いつくだけでも、大学生はこれくらいのネットワークを持っています。

というわけでサークルに固執する必要はありません。

 

やめるデメリット

デメリットは1つ。定期テストの過去問がもらえなくなることですね。笑 

 

大学生にとって、過去問は喉から手が出るほど欲しいはず。そんなものが、サークルの先輩から貰えなくなるのはかなりダメージです。。。

 

なので、やめるなら「過去問のネットワーク」を構築した上でやめることを強くおすすめします。

 

サークルを辞める方法

大学生がサークルをやめる方法

では、ここからはサークルをやめる方法をお話していきますね。

 

・サークル長にLINEする。

 

・直接サークル長に伝える。

 

上記の通りです、サークルの雰囲気によってやり方を選びましょう。

 

サークル長にLINEする

ゆるめな雰囲気のサークルであれば、LINEでやめるのもありです。

 

なぜなら、ゆるいサークルでは対面を求めないからですね。

 

僕の場合は、2つともサークル長にLINEで連絡し、そのまま除名してもらいました。その時に、「会ってくれ」などとは一切言われませんでした。

 

ゆるめのサークルなら、LINEでやめてOKですよ。

 

直接サークル長に会って伝える

そこそこ連帯感のあるサークルなら、直接会ってやめた方がいいかもしれません。

 

なぜなら、LINEだと「軽すぎて失礼だ」と思われる可能性があるからですね。

 

僕の友人は、そこそこ活動が盛んな飲みサーをやめる時、ちゃんと会って話したら上手くやめれたそうです。

 

連絡で済ませるか、直接会うかは、サークルの雰囲気を見て決めるのがいいかと。

 

大学生は、サークル以外にもやるべきことがあります

大学生は、サークル以外にもやるべき事がある

というわけで、サークルをやめる方法についてお話してきました。

 

余談ですが、大学生は、サークル以外にもやることがたくさんあります。

 

やることの例

・ 一人旅 

 

・自力でのお金稼ぎ

 

・インターン

 

・TOEICなどの資格取得

 

こういう感じで、挙げだしたらキリがありません。。笑

 

もちろん全てをやる必要などありませんし、サークルが楽しいなら、それはそれで続けた方がいいと思います。

 

ただ別に、サークルをやめても暇になるわけではありませんので、嫌ならサークルをやめていいです。

 

参考:僕の友人の話

これも余談ですが、少しだけ僕の友人の話をさせてください(^^)

 

彼は、ある運動部に所属していました。ですが、1年間続けてみて「やっぱりしんどすぎる」と判断したそうで、ついにその部活をやめました。

 

その後、彼は資格の勉強を始めて、「ITパスポート」なども取得しています。

 

最近会った際、彼はこう言っていました。

 

マジで部活やめてよかった。あのままズルズル続けてたら時間ムダにしてたわ。

 

大学生の「時間」は、本当に貴重な資源ですから、何にその時間を割くか、よく考えてみるといいですよ。

 

今回の内容は以上です。読んでいただきありがとうございました(^ ^)

 

人気記事

≫大学生が趣味でブログを書くのは、かなりコスパがいい件【始め方付き】

 

≫大学生のニートは、ぶっちゃけ勝ち組でしかないです。【朗報】