大学生がバイトをしないという選択は大いにあり【時給労働の落とし穴】

f:id:kapiokayakku:20200301202520p:plain

 

こんにちは、LLENNです。

 

バイトをしたくない大学生:大学に入る=バイトするみたいな風潮ありますけど、僕はしたくないです。。実際、それっていけないことなのでしょうか?教えてください。

 

こんな疑問、悩みにお応えします。

 

本記事の内容

・大学生がバイトをしないのはありな話(根拠も書きます)

 

・おすすめは、スキルのつく労働

 

・働かずに遊ぶのも、選択肢

 

この記事を書いている僕は、現在塾講師のアルバイトをしています。

歴は1年ですが、バイト以外の資産型収入源も持っているので、求人サイトにはない、きわどい切り口からお話できるかと思います。。。(笑)

 

大学生がバイトをしないのは大いにあり→理由は3つ

f:id:kapiokayakku:20200222155657j:plain

 

結論として、「大学生がバイトをしない」という選択肢は大ありです。

 

理由

・メンタルが安定する

 

・遊ぶ時間ができる

 

・単純労働から抜け出す経験になる

 

上記の通りです。

 

メンタルが安定する

バイトをしなくていい理由の1つは、精神的な安定をゲットできることです。

 

なぜなら、対人関係から来るストレスを100%カットできるから。

 

よくある経験

・バイト先の上司に、「お前は仕事が遅いな」と言われた

 

・お客さんにクレームを付けられて、そのせいでオーナーにも怒られた。

 

。。。バイトをやめれば、すべて解決ですね。

 

よく、「人は怒られて成長するから、逃げてはダメ」と言われていますが、これは日本人の国民性でしかなくて、古めの価値観なので無視してください。

 

今は社会に貢献して自分をすり減らすより、自分を大事にした方がいい時代です。

 

特別な事情(奨学金の返済など)がないのなら、逃げてしまうのもぜんぜんOKだと思います。

 

遊ぶ時間ができる

当たり前ですが、バイトをしない場合、遊ぶ時間が増えます。

 

遊び方

・彼女と海外旅行

 

・友人とカラオケオール

 

・飲み会

 

こんな感じで、遊びたい欲の強い大学生にとっては魅力的だと思います。

 

ただ、そもそもお金がないと遊べないので、親の金銭的な援助がない人はかなりきついですね。

 

後半パートでは、大学生が在宅でゆるく稼ぐ方法をピックアップしているので、稼ぎつつ遊べそうな仕事を探してみてください。

 

単純労働から抜け出す経験になる

 

f:id:kapiokayakku:20200301211255p:plain

大学生がバイトをしなくてもいい理由の2つ目は、「単純労働から脱却する経験になる」です。

 

アルバイトは、少しはビジネスマナーが身に付くとしても、基本的には時間の切り売りです。

 

なので、そこから抜け出すのは「労働の選択肢が広がる」ことにつながります。

 

時給労働と、スキルや資産が残る労働

・時給労働:あなたの時間を切り売りする働き方。1時間で〇〇円、というように給料が定められる。

 

・スキルや資産が残る労働:資産を作り、それが不労所得となる労働、もしくは、個のスキルが残る労働。

 

世の中のほとんどは時給労働者で、会社員やアルバイトも時給労働に分類されます。

 

ただ、時給労働は落とし穴があって、会社やバイト先をやめたらすぐに収入0ですよね。

 

その場合、時給労働のなかでも「スキルや資産が残る労働」をしていた人であれば、他の会社にスライドしたり、自分で事業を始めることもできます。

 

資産(になる)労働の例

・ブログアフィリエイト

・プログラミング

・Webライティング

・営業

・Webマーケティング

・Youtuber

 

Webマーケティング会社や営業などは、マーケティング力がつくので、スキルが残る(=資産になる)労働となります。

 

逆に、バイト先や会社で単純作業をしている人は、スキルが残らないので、普通の時給労働に分類されます。

 

スキル、資産労働のメリット

・将来的に自分の価値が上がるので、初任給が上がる。 

 

・上手くいけば、自分の事業のみで生きていける(=会社で働かなくてもいい

 

とはいえ、「学生に何ができるんだ」という疑問も残ると思うので、スキルや資産の残りそうなバイトや働き方をまとめました。

 

スキルの付くバイト、在宅ワーク

・塾講師のバイト→プレゼン力、マネジメント力

 

・Webライティング→ライティングスキル

 

・ブログアフィリエイト→ライティングスキル、マーケティングスキル、SEOスキル

 

・プログラミング→プログラミングスキル

 

学生のできるスキル業は、上記のような感じです。塾講師とかもいいと思いますよ。

 

僕はまだ塾講2年目ですが、人にものを説明する力が伸びた感覚があります。

 

ちなみに先ほどのリストは、意味不明な単語もあると思うので、少し補足解説しますね。

 

補足1:ライティングスキルとは?

文字通り、文章を書く力です。

 

とは言っても、文学的な話ではなく、技術的なテクニックなどを指しています。この力は、副業紹介サイトで案件を受けたり、ブログを自分で書いたりしながら身につけられます。

 

補足2:SEOスキルとは?

平たく言えば、「ブログやサイトの記事を検索に引っかかりやすくする」スキルですね。

 

ブログをちゃんと書いていると身につくスキルで、Webマーケティング系の会社に就職する時は、これがあるとかなり有利です。

 

ちなみに、ポジショントーク抜きにして、大学生がブログを始めるのはマジでおすすめです。

 

なぜなら、総合的にスキルが身につき、かつ不労所得を作れるから。

 

月10万、100万円とかはけっこう難しいですが、目指してみる価値はあると思いますよ。

 

 

 

上に挙げた、塾講師のバイトと3つの在宅ワークは、スキルを身につけつつお金をゲットできるので、かなり有意義です。

 

※ブログの始め方

1番簡単に始める方法は、無料ブログを使うことです。初心者向けにブログの基本を≫無料版はてなブログで収益化。アドセンス、アフィリエイト開始手順と稼ぎ方【初心者マニュアル】にまとめたので、ぜひ。

 

働かずに遊ぶのもあり

f:id:kapiokayakku:20200301211442p:plain

そこそこ固めのお話が続いたので、最後はゆるく締めます。。。(笑)

 

ぶっちゃけ、アルバイトも在宅ワークもせず遊びたいなら、親の援助しだいでは遊んでもいいと思います。

 

なぜなら、生きていくだけならなんとかなる社会だから。

 

生活保護もありますし、それこそアルバイトでも生きていくことはできます。

 

大手企業やフリーランス志望ならまだしも、「生きていけたらいいや」という考えなら、ぶっちゃけそこまで頑張らなくてもいいと思います。

 

これは個人的な意見なので、参考程度に流しておいてください。

 

差をつけて人生をイージー化したいなら、今から行動するべき

ただし、在学中に少しでも他の学生と差をつけておきたい。と思うなら、今から行動するのが1番です。

 

・スキルのつくバイト

 

・ブログ 

 

・プログラミング

 

・Webライティング

 

こういったものを少しでも経験していれば、社会の見え方も異なってきます。

 

大学生=アルバイト

 

上記の枠組みは、社会が勝手に作り上げたものなので、他の方法で稼ぎながら遊びつつ、将来への投資とするのもありですよ。 

 

選択肢は無限にあるので、アルバイトをしたくないなら、しなくてOKです。

 

今回の内容は以上とします。読んでいただきありがとうございました(^^)

 

参考記事

≫プログラミングは初心者に独学は難しい?暇な文系大学生はやってみよう!では、プログラミングを始めるメリットと学習方法をまとめています。

 

初心者向けにブログの基本を≫無料版はてなブログで収益化。アドセンス、アフィリエイト開始手順と稼ぎ方【初心者マニュアル】にまとめたので、ぜひ。