バイトがだるいと感じる人へ、まずは心を軽くしてみましょう。【原因を見つけ、解決しよう】

f:id:kapiokayakku:20200308144830j:plain

 

こんにちは、LLENNです。

 

バイトに行くのがだるい人:あー今日もバイトだ。上司には怒られるし、客はイチャモン付けてくるし。。。もうやってらんね!とりあえず、解決策を知りたいです。

 

こんな疑問、悩みにお答えします。

 

本記事の内容

・バイトがだるいと感じる人へ、まずは心を軽くしてみましょう。

 

・バイトがだるい原因→3つあります。

 

・逃げてもいいです。でも、なんとかなりませんか?

 

この記事を書いている僕は、現在大学生で塾講師のバイトをしています(歴1年)。

軽く100回くらいはやめようかと思いましたが、今でも続けているので、体験からお話しますね。。。(笑)

 

この記事を読み終える頃には、かなり心が軽くなっているはずです(^^)

3分ほどお付き合いください。

 

バイトがだるいと感じる人へ、まずは心を軽くしてみましょう。

f:id:kapiokayakku:20200308145108j:plain

バイトの悩みがある人は、まず心を軽くしてみましょう。

 

バイトがある日って本当にシンドいですよね。。。(笑)

 

・朝早起きしたのに、何もやる気が起きない。

 

・上司や社員の顔が浮かんで、萎える。

 

・「今日も怒られるのかな」と心配になる

 

僕も実際にこんな感じでした。バイトがある日は気分が沈んで、ただ現実逃避をするという生活です。

 

塾講師のバイトでも、けっこう経営者に怒られるんですよね。「毎日が戦場」って感じでした。

 

1つ朗報として、こういった悩みを抱えている学生はめちゃくちゃいます。

 

サイゼリヤのホールバイトをやっている僕の友人は、「バイトある日は、起床と同時に絶望を感じる」と言っていました。(笑)

 

なのでまずは、自分だけではないんだと心を軽くしてみてください。

 

バイトに悩まされる時間は、本当にムダです。

いきなりですが、バイトに悩まされる時間はムダなので、悩むのをやめましょう。

 

なぜなら、その不安から生まれるものは何もないから。

 

・上司と会いたくないな。。。→でも、今日会うんですよね?

 

・何もやる気が起きなくて、萎える。→分かります。でも、消耗するだけですよ。

 

上記の感じで、結局これらの悩みっていうのは解決しようがありません。

 

僕も、バイト入りたての頃はめちゃくちゃ悩んでいましたが、結局その悩みからは何も生まれませんでした。

 

繰り返しますが、バイトの悩みは切り捨てましょう。

 

大学生の持っている時間は、唯一無二の資源

大学生には、時間があります。そしてそれは、社会人にはない唯一無二の「資源」です。

 

例えば、19:00からバイトが始まるとして、以下の3人を考えてみます。

 

・Aさん:バイトまでに、プログラミング学習を2時間した。

 

・Bさん:バイトまでに、彼女とお出かけした。

 

・Cさん:バイトまで、「だるいな~」と思いながら、ただ布団にこもった。

 

この場合、最大限に時間を活用できたのはAさんとBさんです。

 

なぜなら、時間をしっかりとタスク配分できているから。(彼女と会うことがタスクに入るのかはさておき。。)

 

Cさんの場合、せっかく1日時間が与えられながら何もできていないので、一切成長していません。そして、その要因がバイトだという事実。アホらしくないですか?

 

そんな状況を打開したいなら、あなたが取るべき行動は以下の2つですね。

 

・だるいと感じる原因を洗い出し、解消。

 

・バイト自体をやめる→逃げる

 

僕も、バイトが本当にだるかったのですが「原因を洗い出し、解消」することで解決しました。

 

どちらかのアクションを起こさなければ、残りの大学生活もなんとなく過ごして、結局何も残らずに後悔しますよ。

 

とはいえ、そもそもだるい原因というのがイマイチ分からない人もいると思うので、深掘りしていきます。

 

バイトがだるい原因→3つ

f:id:kapiokayakku:20200210143627j:plain

 

「バイトがだるいな」と感じる原因は、だいたいが以下の3つに集約されます。

 

・バイト先の人間関係

 

・客

 

・仕事内容が難しい、もしくは単純

 

どれにも当てはまらなければ。。。スミマセン(^^)

 

バイト先の人間関係

バイト先の人間関係は、かなり多い悩みではないでしょうか。

 

例えば、上司に怒られたり、同僚と仲が悪かったりという感じです。

 

僕もバイト先の経営者に毎日怒られて消耗していました、「頭使ってないでしょ」みたいな感じで、めっちゃキツかったですね。。。

 

上司に怒られる原因は、2パターンです。

 

・あなたがちゃんと考えて動いてない。

 

・ただの理不尽

 

いきなり質問ですが、あなたはバイト中考えて動いていますか?もし、「アホか!」と怒られるなら、それはあなたが思考停止しているだけかもしれません。

 

僕の場合は思考停止パターンでして、生徒のカリキュラム組みがけっこう大雑把でした。なので、そりゃ怒られるよね、という感じです。

 

ちゃんと、「この行動に意味はあるのか?」と考えて動ければ、上司も口を挟まないでしょう。そりゃ、社会人としてのキャリアもあるわけですから、ボケッとした大学生にはイライラするはず。

 

もしそれでも原因が分からず、ただの理不尽であるなら、そんな職場は1ミリも社会経験にならないのでサッサとやめてしまいましょう。

 

そんな職場で消耗するくらいなら、ブログを始めたり、プログラミングや資格の勉強をする方が100倍ためになります。

 

お客さんも、悩みの原因ですよね。

 

飲食であれば、何かとクレームをつけてくる人、塾講師であれば、授業を一切聞いてくれない生徒など。

 

この場合は、自分の対応に問題があるか?を考えましょう。

 

例えば、自分がオーダーされていたのと大きく違う順番で料理を届けてしまい、「遅い!」と文句を言われたなら、それはあなたが原因なので、なんとかなります。

 

逆に、授業を一切聞いてくれない生徒は、外部要因なのでどうしようもないです。

 

本当に「嫌だな」と感じるなら、即バイトをやめてOKです。あなたはお母さんではないので。

 

「自分の対応に問題がないか?」と考えてみて、あるなら改善、なければ逃げる(=バイトをやめる)。これでいいでしょう。

 

仕事内容が難しすぎる、もしくは単純

仕事内容が難しすぎたり、単純すぎて飽きた、ということはありませんか?

 

仕事が難しすぎる場合

この場合は、むしろバイトで踏ん張った方がいいです。

 

なぜなら、成長できるから。

 

「難しい仕事」=「スキルになる仕事」なので、バイトをすることでスキルという資産が得られます。

 

僕の場合、カリキュラム組みがけっこう大変でしたが、乗り越えました。

 

・長い目で見る力

 

・マネジメント力

 

上記のスキルが付くので、踏ん張りましたね。

 

難しいときは、そこから得られるものを逆算してみましょう。きっと資産として残るはずです。そして、就活でもネタにできます。

単純すぎる

この場合は。。。目的によっては、やめた方が得策かと。

 

理由は、何も残らないからですね。就活でももちろん言えません。

 

例えば、軽い荷物運びのバイトを1時間したとして、終わった後にあなたは何を得ますか?時給だけですよね。

 

「単純労働でお金が欲しい」とか、「バイトをせざるをえない」といった事情がない限りは、やめた方がいいです。

 

大学生の貴重な時間を、わざわざお金に換える必要はありません。「だるい」と感じるくらいなら、即やめましょう。

 

バイトがだるいなら逃げてもOK。でも、なんとかなりませんか?

f:id:kapiokayakku:20200308145244j:plain

 

というわけで、バイトがだるい時の対処法についてお話してきました。

 

上記のとおり、場合によってはやめるのはぜんぜんありだと思います。

 

有名ブロガーで、今は月1000万円以上を稼いでいるマナブさん( @manabubannai )も以下のようにおっしゃってます。

僕は、9割同意ですね。

 

ただ、補足するなら「自分が成長できない場合」です。

 

逃げる基準=自分が成長できないか?

バイトをやめる基準は、「自分の成長につながるかどうか」ですね。

 

本題でも触れましたが、以下のケースなら続けてみてもいいかも。

 

・上司によく怒られるが、原因は自分にあると感じる。→思考力がつきます

 

・仕事内容は難しいが、できるようになれば力になりそう。→スキルが残ります。

 

何かスキルや資産が残りそうなら、続けるのもありですね。

 

逆に、以下のケースならすぐにやめるべし。

 

・わけもわからず上司に怒られる。

 

・意味の分からないクレームを毎日付けられる

 

この辺だと、「自分が成長できる=スキルが残る」どころか、消耗するだけでむしろマイナスになってしまいます。

 

補足:学生がスキルを得られる場所は、ネットにあり。

余談ですが、学生がスキルを得つつ稼ぎたいなら、ネットを活用すべし。

 

なぜなら、ネットなら勉強しつつ稼げる環境が整っているから。バイトよりも成長できるパターンがほとんどです。

僕の場合はブログをやっており、マーケティングスキルを付けつつお金を稼いでいます。

 

プログラミング

例えば、「プログラミング」。

 

今かなりHOTワードですが、スキルのある人が不足気味で、プログラミングを用いたバイトもあるくらいです。

 

ある程度基礎学習が必要になりますが、「バイトが無意味だな~」と感じるなら始めてみるべきですね。

 

※プログラミングの始め方は、記事最後に載せています。

 

ブログ

ブログも、バイト代わりにするならありです。

 

プログラミングと違うのは、ある程度まで行けば放置収入になる点ですね。

 

この方は、僕たちと同じ大学生の「ちんあなご先輩」という方です。

正直かなりすごい人なのですが、努力の積み上げでここまで来られています。

 

これだけの収入があれば、バイトの代わりになりますね。

 

ブログの始め方も、記事ラストにて載せました。

 

補足:どちらもラクじゃありません。

ブログにせよプログラミングにせよ、最初はラクじゃないです。

 

ブログだとぜんぜんアクセスがなかったりしますし、プログラミングは中々仕事が取れなかったり。。。

 

でも、そこに価値と成長があるのです。バイトでの与えられた仕事ではなく、自分で1からお金を生み出すわけですからね。

 

成長したいなら、ネットという選択肢もあり。

 

バイトがだるいなら、いったん原因を考えてみてください

どうですか?心は軽くなりましたか?

 

原因を突き止めて、修正できるならする、できないなら逃げる。

これでOKです。

 

バイト以外にも選択肢はいくらでもあるので、もっと視野を広くしてみましょうね。

 

※プログラミングの始め方

≫Progate

 

≫TechAcademy [テックアカデミー] →1週間無料体験ができる。

 

 ※ブログの始め方(無料)

 

せっかくの大学生、快適に過ごしてほしいなと願うばかりです(^^)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。