【Oculus Questレビュー】スマホVRと比較すると歴然とした差!「Oculus Quest」をレビュー。

 

f:id:kapiokayakku:20191018154023j:plain

Oculus Quest

 

バイト代のおかげで貯金が貯まってきていたのでそろそろ大きな買い物をしたいなと思っていたところ、Twitterでたまたま見かけて衝動買いしてしまったVRヘッドセット、「Oculus Quest」。

 

私は衝動買いで後悔するケースが多いのですが、今回はむしろ早く決心して良かったと思える買い物でした!

 

今回の記事では、

 

「Oculus Quest」とは

 

「Oculus Quest」とスマホVRゴーグル「Canbor VR」のスペック比較

 

両者を使ってみての感覚的な違いと感想

 

 

の三点に絞って書いていきます!

 

 

kapiokayakku.hatenablog.com

 

 

 

【この記事の目次】

 

「Oculus Quest」とは

f:id:kapiokayakku:20191018154059j:plain

Oculus Quest

 

「Oculus Quest」とは、Oculus社から2019年5月21日に発売されたスタンドアローン型(PCなどの外部機器不要)のVRヘッドセットです。

 

スタンドアローン型のヘッドセットと言えば、スマホVR以外では2018年発売の「Oculus Go」が挙げられますが、こちらはポジショントラッキングが不可となっているほか、解像度も劣るため、スペック的にも自由度的にも「Oculus Quest」に軍配が上がります

 

このVRヘッドセットはとても画期的なものです。従来のポジショントラッキング機能付きVRヘッドセットでは、外部センサーや10万円以上もするゲーミング用のハイスペックPCが必須となっていました。

 

しかし、この「Oculus Quest」は、PCVRと遜色ない高いトラッキング性能を有しながら、それ単体で動作するケーブルレス機器となっているのです。

 

そのため、これまでPCVRをプレイしていて「自由度が低いな」と思っていたユーザーにはもちろん、標準で両手コントローラーが付属している為、「VRやってみたいけど導入費用が…」とか「スマホVR良かったけどもっとリッチにVRを体験したい!」と考えているユーザーにも自信を持っておすすめ出来るクオリティに仕上がっています。

 

 

 

「Oculus Quest」とスマホVR「Canbor VR」とのスペック比較

f:id:kapiokayakku:20191018154538j:plain

「Oculus Quest」と「Canbor VR

 

同じVRでも本質的に異なる機器なので比較する意味はあまりないかもしれませんが、「Oculus Quest」とスマホVRゴーグル「Canbor VR」のスペックを比較していきたいと思います。

特にスマホVRからハイエンドVRに乗り換えようかなと検討中の方はご覧になって下さい。

 

 

 

 「Oculus Quest」

「Canbor VR

 視野角

 110度

 120度

 解像度

 1440×1600×2枚 OLED

 スマホの解像度に依存

 トラッキング

 6Dof

 3Dof

 

 

さすがOculus Quest、解像度は他のヘッドセットにも勝るスペックです。

 

ラッキングの有無も大きいですね。

 

 ハイエンドVRといえど、視野角の面ではCanbor VRが勝っているようです。

 

では実際にスマホVRとOculus Questでは、どちらがより没入度の高い本格的なVR体験ができるのでしょうか?

 

両方所持し、使用している私なりに感じた違いをまとめていきます。

 

 

両者を使ってみての感覚的な違い

結論から言うと、 VR体験のクオリティを比較した場合、感覚的には両者は大きな差がありました

 

具体的に言いますと、

 

●没入感が違う

 

●操作性が違う

 の二点で大きな差が感じられました.

 

 

没入感が違う

 

Oculus Questで遊んでいて感じた、Canbor VRとの最も大きな差です。

 

価格に10倍以上の差がある両者ですので、当然といえば当然なのですが、PS2からPS3に進化したぐらいの衝撃でした。

 

スペックの上では、視野角120度と110度で大きな差があるのですが、正直あてになりません。

 

Canbor VRでは、ゴーグル越しに3D映像を見ている感覚が強かったのに対して、Oculus Questでは、「仮想空間」に自分が入り込んで、そこで生活しているというほどの違いを感じました。

 

理由としては、スマホVRでは、肝心の画面が少し遠めの位置にあるのに対して、Oculus Questでは、目のすぐ前に画面があるからだと思われます。

 

加えて、本質的に追従が6Dofと3Dofで異なるため、「そこにいる」感は数字では表せないほど異なりますね。

 

※6Dofと3Dofの違いとは?

 

・3Dof…360度頭を回転させて見ることが可能

 

・6Dof…3Dofに加えて、全方向への移動が可能→現実と同じ動きが可能ということ。

 

操作性が違う

 

Canbor VRを始めとしたほとんどのスマホVR体験では、UIがあまり整備されていません。

「Fulldive VR」という疑似的にユーザーホームを構築したアプリはあります。

 

ですが、Oculus QuestはUIの操作性も桁違いでした。

 

Oculus Touchコントローラーによるレーザーポインターで全てが操作できますし、アプリによっては直接仮想空間内のボタンなどを押すことも可能です。

 

 

より現実に近い動きができるという点も、Oculus QuestがスマホVRゴーグルに勝っている点の一つでしょう。

 

「VRChat」などのアプリも充実している為、本当にもうひとつの世界があるように感じます

 

スマホVRを持っている人にはOculus Questがおすすめ!

 

今回スマホVRとOculus Questを比較できたのは、価格、スペックこそ違えど、両者ともにスタンドアロンと呼べる仕様であることが大きいです。

 

普通のハイエンドVRHMDでは、ハイスペックなゲーミングPCを用意しなければならないことが大きな敷居となっていました。

 

しかし、64GBで5万円という価格でハイエンドVRと同等の体験ができるこの「Oculus Quest」は、そんな常識を覆すものでした。

 

私自身、この商品を購入する際、5万円という価格にはかなり躊躇しましたが、結果的にいい買い物をしたと思っています。

 

 

この、「Oculus Quest」は、スマホVRに慣れきっているけど、もっとリッチにVRを体験したい!という方に加えて、初めてのVR体験をどのヘッドセットで行うか迷っている!という方にもおすすめできる商品です!

 

 もし良ければブックマークをお願いします!

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com

kapiokayakku.hatenablog.com